節分用福豆

節分用福豆

このページでは、インターネットで購入できる節分用福豆を紹介しています。「鬼は外、福は内」と豆まきをして、鬼退治をした後の福豆は、もちろんおいしく食べられます。

国産大豆使用お買い得サイズの福豆
2月3日「節分用福豆」超お買徳用サイズ【食玩・駄菓子等の卸売問屋(有)みぞた商店】 ・商品名 2月3日「節分用福豆」超お買徳用サイズ(国産)
・販売価格 880円 (税込)

・国産の白目大豆を使用した節分用福豆
・1袋1kg入りお買い得用サイズ

1つずつミニパックに入ってる便利な福豆
2月3日「節分用福豆」節約&経済的タイプ【食玩・駄菓子等の卸売問屋(有)みぞた商店】 ・商品名 2月3日「節分用福豆」節約&経済的タイプ(個包装)
・販売価格 4410円 (税込)

・節約&経済的タイプのミニパック節分用福豆
・1袋6g前後入り×500個

節分豆まめ知識

1. なぜ豆をまくのか?

節分の日に豆をまく習慣は、中国で行われていた儀式が日本に伝えられたことが始まりと言われています。季節の変わり目に生じた邪気を福豆で豆まきをする事で追い払っています。

2. 恵方を向いて太巻きを食べる

関西では、節分の日に「恵方を向いて無言で太巻き寿司を丸かぶりして食べると、一年間健康で幸せに暮らせる」 と言う風習があります。これは、太巻きの中のキュウリを「青鬼」、にんじんや生姜を「赤鬼」に見立てて、「食べて鬼をやっつけてしまう」という意味があるそうです。

しかしこれは海苔屋さんの宣伝で、海苔の販売促進のために考えつかれたのがだんだん広まっていったそうです。バレンタインデーのチョコレートや土用の丑の日のうなぎと同じようなものですね。

*恵方とは、その年の歳徳神(吉神)が鎮座する方向です。今年2005年の恵方は西南西です

3. 鬼は鰯(いわし)の頭を柊(ひいらぎ)に刺した物が苦手

節分の日に、鰯(いわし)の頭を焼いて、柊(ひいらぎ)の枝に刺し、家の入り口などににさす風習があります。これは鰯(いわし)の頭のくさ〜い悪臭で、鬼が家に入るのを防ぐという意味があります。 また豆まきは、追い払った鬼に追い討ちをかける役目もあるそうです。

関連ショップ紹介 ⇒ ・ゲルマニュームアルファーリポ酸魔法のスーパーコンセントカルニチン

Copyright (C) 2004〜 内職在宅ワーク生活 電脳卸ロボ All Rights Reserved.